Vol.4第3号

「AntiHero」

ヒーローvsヴィランは、世間一般に浸透しているコンセプトです。一方がギリギリで勝ったと思ったら、相手がそれを台無しにするパターン。しかし、その中間にある曖昧なグレーの部分にアンチヒーローが存在します。PART ONEの「鏡よ、鏡」ではアンチヒーローと、彼らに関するわたしたちの思い込みについて考えます。ポップカルチャーの世界で鈴木亜美のような人物は、アイコン的存在と悪評高きヴィランとは紙一重だと教えてくれます。PART TWO「もう一度考えよう」では、全てが見かけ通りではないということに気付かされます。コミュニティーの中でさえ、サブカルチャーと相反する下位サブカルチャーが存在します。クラシック・ロリータとゴシック・ロリータは同じルーツを共有していますが、『カワイイ』系ジキル博士とハイド氏なのです。PART THREEは「アンチヒーロー」。ブドワール用の赤いドレスとラテックスのブラック・ファッションのご用意を!

PART THREE

「アンチヒーロー」

PART TWO

「もう一度考えよう」

PART ONE

「鏡よ、鏡」

ヒーローvsヴィランは、世間一般に浸透しているコンセプトですが、両者間の曖昧なグレー部分にアンチヒーローが存在します。PART ONEの「鏡よ、鏡」ではアンチヒーローと、彼らに関するわたしたちの思い込みについて考えます。アイコン的存在と悪評高きヴィランとは紙一重なのです——鈴木亜美さんに聞いてみましょう。PART TWO「もう一度考えよう」では、全てが見かけ通りではないということに気付かされます。クラシック・ロリータとゴシック・ロリータは同じルーツを共有していますが、『カワイイ』系ジキル博士とハイド氏なのです。PART THREEは「アンチヒーロー」。ブドワール用の赤いドレスとラテックスのブラック・ファッションのご用意を!

PART THREE

「アンチヒーロー」

PART TWO

「もう一度考えよう」

PART ONE

「鏡よ、鏡」