harajuku fashion Tag

午後9時00分、代々木公園 1人の刑事が犯行現場に近づく。彼女は犠牲者が残した証拠を調べている。検視官が現場の写真を撮って刑事に告げた。「原宿は死んだ」 「死因は?」刑事は訊いた。 「オシャレな子が撮れなくなったからだ」 午前3時00分、渋谷交番 刑事は、取り調べのために4人の容疑者を部屋に入れた。ソーシャルメディア、観光客、ファストファッション、社会の掟 (ただし現在は掟と呼ばれている)。4人全員とも事件への関与を否定しているが犠牲者の原宿と争った証拠は明らかだ。 午後3時31分、渋谷病院 謎めいたピンク色の山田花子が病院のベッドに寝かされている。傍らで不機嫌そうな看護士がバイタルサインをチェックしている。患者は誰かとけんかをしたものの、危うく一命をとりとめたようだ。突然、彼女は起き上がってドアから走り去ってしまう。看護士はため息をついて書類作業に取りかかる。 午後4時54分、原宿 混乱して放心状態となった彼女は、渋谷の街を走り抜けて帰り道を急いだ。変身した姿はかつての彼女とはまるで違っており、だれも彼女だとは気づかない。原宿は、決して死なないのだ!       @lionlifts as The Detective @choom.online as The Coroner @nikyinlove as Social

日本のストリートファッションのメッカである原宿は今、難しい時代に直面している。竹下通り周辺の人気ブランド店やショップは閉店を告げ、雑誌 『FRUiTS』 を創刊した青木正一は原宿の死を宣言した。この大混乱を最後まで生き延びたのはファストファッション大手のWEGOとUNIQLOだ。ノームコアファッションが盛況だが、大好きなストリートファッションブランドが今年も続いて欲しいというのがわたしたちの願いだ。こうした厄介な事態の中、オルタナティブファッションシーンでは、クリエイティブな人々がネットで自分たちのストリートファッションを盛んに発信し続けている。愛するストリートファッションシーンはファストファッションによって駆逐されてしまったのか、それともこれは単に新時代の到来の予兆なのだろうか? サブカルチャーの本質は、ロリータであれビジュアル系であれ、自分らしさにある。着る服はその人を表すのだ。わたしたちはファッションで帰属集団を示し、主流派になる気はないという意思表示をしている。ブランド服と古着が混ざり合ったワードローブ及びインディーズブランド服は、わたしたちの真のアイデンティティーを表すために不可欠であり、結局それがサブカルチャーのファッションアイデンティティーにつながる。サブカルチャーとはライフスタイルであり、そのジャンルの装いはそのカルチャーの一部となる。しかし、常に全タイプの服を安く提供できるファストファッションでは、自分らしさをありありと物語るような服選びに夢中になる楽しさが失われているのではないか?1クリックで、パンクについて何も知らなくてもフル装備のパンクファッションに変身できる。オンラインでヴィンテージブランドそっくりの服を安く買えたりもするが、それでは古いものでファッションを楽しむという本質を無意味にしてしまっている。ファストファッションの安物を衝動買いする傾向がある今、ちょっとしたブランド物の小物と組み合わせたベーシックなコーディネートになってしまっている。ファストファッションブランドが、衝動買いとフェイク人気の追い風を受けファッション界のトッププレイヤーになりつつある中、日本のサブカルチャーであるストリートファッションはその地位を退屈なフェイクファッションへ譲り渡してしまうのか?   ロリータとギャルがH&MやForever21などのファストファッションブランドとは無関係に生まれたサブカルチャーな一方、デコラファッションは予算内で楽しむストリートファッションの良い例だ。2000年代初め、ファッションに敏感な原宿の若者は腕や、ぱっつん前髪につけるアクセサリーをお手頃価格の店で購入した。デコラの着こなしは、全部違うデザインの 「カワイイ」 ヘアクリップ20個以上、色とりどりのTシャツ、スカートの重ね着で成り立つ。高級ブランドやデザイナーのものではなく、誰でも買えるチープなアクセサリーなのがポイント。チープな服をどっさり買って着こなすことがデコラらしさであり、着る当人自身がサブカルチャーの一部だ。デコラファッションは、ファストファッションのアイテムを、最もゴキゲンな自分になれるように組み合わせたり重ねたりして自分らしくなれることを教えてくれる。もしそうなら、高価なデザイナーズブランドの服を細かく調べてみたり、いずれ飽きてしまうような1着の古着を探すのに何時間もかける必要が本当にあるのだろうか? ファストファッションブランドから選りすぐったワードローブでおしゃれを楽しむことは、決して手に入らない服を買うために長期間貯金するよりも無難な方法だ。こうして今や日本のストリートファッションは、以前よりもずっと幅広い層の人々にとって安く手軽に楽しめるものになっている。     しかし、安価な服を大量生産して売るには代償が伴う。ほとんどの業者は自社製品を、危険な労働条件や児童労働といった問題を抱える国々で生産している。また、ファストファッション業界は世界第3位の環境汚染産業であり、地球全体の温室効果ガスの10パーセントを排出している。全世界で自然災害が増加している今、環境に優しく包括的だなどと偽って操業するファストファッションブランドで買い物をすることは無責任だ。Shein (シーイン) で1回ショッピングすれば、現代版の奴隷制度をその場で支援したことになる。チープな服に、工場で働く人の人生やその尊厳をおとしめるほどの価値があると言えるのか? ファストファッションは、ハイブランドの低品質コピー商品を安く販売してデザイナーを困らせることでも有名だ。多くの業者は日本のデザイナーズブランドのような高品質なものを生産できないため、商品はよくコピー品と見られる。デザインの盗用は最悪の場合、独立系デザイナーを失業や深刻な財政危機に追い込むこともある。これは原宿でも大きな問題になってきたが、買い物客は気付かないか、特に気にしないかのどちらかだ。日本や諸外国でのファストファッション店の急増は、粗悪品の過剰消費を招いた。存在しない労働者の権利、増え続ける環境汚染と人気のノームコアファッション。この状況での勝者はいったい誰か? 他方で、ファストファッション不在の世界はわたしたち消費者にとって損失だ。次のような理由から、わたしたちがデザイナーズブランド服を買おうとしたところで、ほとんどの服は買うことができない。まず値段がものすごく高い。低所得の家庭の予算をはるかに超えた額なのだ。また、排他的に見せることによってブランドイメージを高めたいという独自の理由のため、店には限られた数の服しか入って来ない。それに、会社勤めや忙しい生活の人は店に行く時間が常になく、やっと行けるようになった時にはセールが終了している。また、住む場所によっては自分にとってのドンピシャ服をただの1着も買うことができない。なぜならデザイナーズブランド品の多くには発送についての厳しい制限があるからだ。さらに、ショーのモデルたちを見たり竹下通りでショッピングしてみれば分かることだがデザイナーズブランド服は小さめのサイズか、はたまた1サイズ

2010年代の原宿では、パステル調やレトロカラー、エレガンスもダサさもひっくるめてフェミニンファッションが咲きほこっていた。「フェアリー系」 ファンは、夢見る心と子ども時代のノスタルジーをミックスした服を作るために、古着屋で掘り出した80年代のヴィンテージ素材をつなぎ合わせる。その一方で、「ラルム系」 女子は愛読誌 『LARME (ラルム)』 から大人っぽくロマンティックで乙女チックなテイストを取り入れた独自のフレンチファッションを作り出す。ラルム系とフェアリー系は、原宿ファッションの中でもとりわけ国際的な人気があり熱心な海外ファン層を持つ。ガーリーファッションがどのように発展してきたかを見てみよう! ラルム系とフェアリー系で共通しているのは、ファッションムーブメントをけん引する少数のクリエイターの存在だ。ムーブメントの火付け役は多くのクリエイターの夢。ラルム系では後に雑誌 『LARME』 の編集長となる中郡暖菜 (なかごおり はるな) だ。2008年に 『小悪魔ageha

薄いオフホワイトのブラウスやレースの重ね着コーデの少女を想像してみて。薄茶色のゆるふわなカーリーヘア。花柄の赤いトートバッグにはドールヘッドをつけて。くせのある見た目は、森にいそうな魔法使いみたい。ある人たちはこう思うだろう―彼女のファッションは、いわゆる「森系」に違いない。しかし別の人は「ドーリー系」だと思う。いや待てよ、「カルトパーティー系」では? これらのジャンルは2010年代に生まれ、特にこの3通りのファッションはしょっちゅうオーバーラップするため、ネット論争になるほどだ。でも心配ご無用。『The COMM』 が3つの原宿ファッションの実態と、日本人でさえ混同しがちな呼び名の理由を明らかにしよう。   「森系 (森ガール)」 という呼称は2006年、mixiのコミュニティーで生まれた。ある会員の装いが友人から「森にいそうな格好だね」と言われたのが始まり。アースカラーが基本で、レースや花柄が好き。大きめのスカーフ、ハンドメイド服、コットンやリネン素材のビンテージ・アイテムのコーデが基本スタイル。ゆったりシルエットで、木々にひそむ森の精のイメージ。2009年には「森ガール」 の名は日本全国に知れ渡り、森ガールを扱った雑誌や WONDERROCKET (ワンダーロケット) のようなブランドが大人気となる。流行最盛期には、ゆるふわなお下げ髪に花かんむりをかぶり、気ままで素朴な森ガールのストリートスナップをよく見かけた。今でもネット上の人気は根強いものの、2010年中頃にたちまち森ガールブームは終了。     「カルトパーティー系」

ビンテージのアップサイクルメーカー、ソーシャルメディアのスーパースター、そして売り出し中のクールなデザイナーの全盛期にようこそ! この10年間は、次世代の才能あるファッションアイコンたち、その大胆なファッションと会社の立ち上げ無しでは語れない。2010年から2020年の10年間に独特なファッションを作り出したクールなストリートファッションアイコンの思い出をたどってみよう。   Elena Midori Elena Midori (エレナ・ミドリ) は、東京のナイトライフの世界に波を起こしている! 2016年にアートコレクティブ「dosing」に参加し、そこからDJとして技術を磨き、RED BULL STUDIOS TOKYOの24時間イベントでDJを務めるほど現在は腕を上げた。その音楽の好みと同じく、Midoriのファッションスタイルはジャンルにこだわらない。彼女はカーゴパンツを身に着け、チョーカースタッズとコルセット型のトップスを激しく揺らすのだ。小さなパンクブティックであれ、地元のノー・ウェイヴのバンドであれ、だれかが次のアンダーグラウンドの隠れた宝石を発見するとしたら、それは彼女だろう     Peco peko

つけまつげ、パラパラ、ミニスカート、そしてルーズソックス。ギャルほどわかりやすい象徴的なファッションがあるサブカルチャーは、ほとんどない。しかし1人のモデルがこのファッションの限界を大きく押し広げている。ぴかりんは古き良き女学生の外見そのものから、『KERA (ケラ! ) 』のモデルとしてアニオタギャルに変身。その後、デスメタルを歌い始めた。魔界からやってきた魔界人、椎名ひかりの世界へようこそ! 引きこもりでホラー映画好きだった椎名ひかりは、2009年に雑誌『Ranzuki (ランズキ) 』で、ぴかりんとしてギャルデビューを果たした。この普通の中学生は、地味なファッションから、長い茶髪、日焼け、デニムショートパンツ、そして派手メイクの完璧なギャルに変身することに決めたのだ。彼女は急激に人気を得、2010年からは雑誌『POPTEEN (ポップティーン) 』と『EGG (エッグ)

ストリートスナップは楽しく、人を元気づけ、その上に時代を超越している。もともとSTRAIGHT UPS (ストレートアップス) と知られていたストリートスナップは、70年代の英『i-D magazine (i-Dマガジン) 』による造語で、90年代に『FRUiTS (フルーツ) 』による日本のストリートファッションの写真撮影で爆発的に人気が高まった。突然、だれもが写真を撮ってもらいたくなったのだ! 服装にだけ注目することで、自分のファッションが間違いなく永遠に記録されるのだ。現在でも、ストリートスナップは相変わらず重要であり、日常で人が何を着ているかについて見せてくれる。スナップ写真を撮ってもらいたくなっただろうか?

個人の創造的表現は、サブカルチャーファッションの神髄だ。時として、ファストファッションの服ではできない方法で、自分を表現したいことがあるだろう。だれもが同じブランド (ZARA、あなたのことですよ! ) で買っているとしたら、どうやって目立ったらいいのか? そのためサブカルチャーファッションのサークルでは、この問題と取り組むために、服とアクセサリーがよくDIYされている。 ここで言うDIYは、ブリコラージュ (フランス語でDIYの意) のコンセプトを指しているが、クロード・レヴィ=ストロース氏による人類学的概念では「手元にあるものを使い、新しい何かを創り出すスキル」を意味している。つまり、これは基本的にDIYのことだ。でも、そこには少しだけ深い意味合いがある。この場合、対象物だけでなく、意味にも手を加えるのだ。DIYすると、対象物に新たなイメージを与えて作り直すことで、自分のアイデンティティーを作り出せる。しかし、これが一体ファッションにどのように関係するのだろうか? あるやり方で何かを身につけると、その意味を変えることができる。その結果、自分の物語に意味を加えることができるのだ。安全ピンを例にとってみよう。これの目的は2つのものを1つに合わせことだが、パンクの手にかかると新しい意味を持つ。もともと物にこだわらずハンドメード品を使うパンクファッションでは、初め安全ピンは実用的に使われていた。つまり、バラバラになった服を直すためだ。しかし時間が経つにつれ、この小さなピンは、労働者階級のパンクたちの象徴的なシンボルとなっていった。   Image courtesy of