ショッピング・おでかけスポット

ゴシックロリータを表す言葉がひとつあるとすれば、それは「緻密」だ。すべての服は複雑にデザインされており、またどのコーディネートにもたくさんのレース、スタッズ、ベルベット、そしてリボンが組み込まれている。べールと手袋はとても華やかで、瞬く間にヴィトリア時代へタイムスリップしたように感じる。日本のストリートファッションでは、たいていのコーディネートは色彩によって注目を集めているが、ゴシックロリータ——とにかくたくさんの黒が使われる——は、深みを出すためにディテールやテクスチャーを工夫する。このスタイルのユニークな点は、その相反するテーマだ。例えば、子供のような「カワイイ」と不気味な闇。ということで、わたしたちがクラシカルゴシックロリータの基本的なコーディネートだと考える、4つのアイテムを紹介する!   Image courtesy of Violent Delights. 十字架 その名の通り、ゴシックロリータは建築を含めたゴシック様式のあらゆるものから強く影響を受けている。このスタイルのコーディネートにまず必要なものは、ステンドガラスの窓、墓石——そして十字架! 心に残る美しいシンボルである十字架は、レースのベールからハイヒールまで全てのアイテムに見られるが、ゴシックロリータを着る時は通常ネックレスの形で着用される。もし大ぶりでゴロゴロした、宝石が散りばめられているステートメントネックレスの気分ならMOI-MEME-MOITIE (モワメームモワティエ) へ行ってみて。控えめなビーズのロザリオの気分なら、リサイクルショップやASOS (エイソス) 、そして教会のギフトショップもチェックしてみて。   Image

日本は可愛いテーマカフェやハローキティで有名だが、騙されてはいけない! 日本は『呪怨』や『リング』といった恐ろしいホラークラシックを世界に与えた国でもあるのだ。日本よりホラーをうまくやる国はない! そして、東京には世にも恐ろしいレストランやカフェがある。恐怖を感じたいなら、以下のブキミなスポットをチェックしてみて!   Image courtesy of Are We There Yet? Blog. The