Vol 5 Iss 2 EN

午後9時00分、代々木公園 1人の刑事が犯行現場に近づく。彼女は犠牲者が残した証拠を調べている。検視官が現場の写真を撮って刑事に告げた。「原宿は死んだ」 「死因は?」刑事は訊いた。 「オシャレな子が撮れなくなったからだ」 午前3時00分、渋谷交番 刑事は、取り調べのために4人の容疑者を部屋に入れた。ソーシャルメディア、観光客、ファストファッション、社会の掟 (ただし現在は掟と呼ばれている)。4人全員とも事件への関与を否定しているが犠牲者の原宿と争った証拠は明らかだ。 午後3時31分、渋谷病院 謎めいたピンク色の山田花子が病院のベッドに寝かされている。傍らで不機嫌そうな看護士がバイタルサインをチェックしている。患者は誰かとけんかをしたものの、危うく一命をとりとめたようだ。突然、彼女は起き上がってドアから走り去ってしまう。看護士はため息をついて書類作業に取りかかる。 午後4時54分、原宿 混乱して放心状態となった彼女は、渋谷の街を走り抜けて帰り道を急いだ。変身した姿はかつての彼女とはまるで違っており、だれも彼女だとは気づかない。原宿は、決して死なないのだ!       @lionlifts as The Detective @choom.online as The Coroner @nikyinlove as Social