Vol. 4 第5号

わたしたちが進み続けられるのは、小さな喜びのおかげ。Vol. 4のまとめとして、コミュニティー内の「喜び」をとらえたポートレート写真のセットを皆さんにプレゼントしよう。ファッションから友情や愛情まで——コミュニティーメンバーたちは生き生きと精一杯、人生を送っている。     Model: @kemushijp Photographer: @choom.online Written by The COMM, translated by Sachi.

ベストな日本語学習の教材と旅行先についてアドバイスが欲しいですか? それならLoretta (ロレッタ)、別名@kemushijpが助けてくれる! 彼女のYouTubeチャンネル「KemushiChan」は、彼女の日常生活と仕事から、地元の人たちとの会話まで網羅している。Lorettaは日本のとてもエキサイティングな面を世界に伝えるというすばらしい仕事をしているのだ! NHKでの仕事、日本語学習のテクニック、そしてカルチャーショックについて、彼女とじっくり話しあった。   自己紹介をお願いします。 こんにちは、私はLorettaです。ニューヨークと日本のスタートアップベンチャー企業に対して、バイリンガルのコンサルタントをしています。といっても、インターネットでは、日本に引っ越してきてから自分の生活をシェアする風変わりなユーチューバーKemushiChanとして良く知られています。私のオンラインコミュニティーのKemunity (※) には現在17万6千人以上のサブスクライバーがいます。 ※日本と日本語マニアのオタクグループ 交換留学生としての日本での経験について教えてください。 交換留学生として日本に来るということは、ジブリの世界でお約束のとても不思議な経験をするようなものです。2005年に初めて来日し、逗子にホームステイをしました。そのとき、私は16歳の学生でした。当時はスマートフォンとWiFiが普及する以前だったので、私は友達であるガラケーと、ミクシィのアカウントのことばかり考えて日々を過ごしていました。そして、どこかに行くには、地図を手にして、コンビニと交番に道を尋ねることに多くの時間を使っていました。ラーメンとラムネを食べるだけなら『初級日本語げんき1』レベルの日本語で十分通じたのですが、とても難しかったのはもともとカタカナで知っていた単語を漢字、平仮名、カタカナで覚え直すことでした。 アメリカから来た人にとって、日本では色々なことがとても違うと思います! 最もカルチャーショックを受けたことについて教えてください。 ゴミ出しです。リサイクルが不要な場所から来たので、ホームステイをした家で何を捨てなければならないのかを何度も説明して聞かなければならず、それがいつも大騒ぎで大変だったのを思い出します。     日本語がお上手ですね! どうやってそんなに上達したのか教えてください。 自分の声を録音するんです。世間には最新の魅力的なアプリがあり、多くの学生が自分の部屋で静かに日本語を読んで見ていれば会話を学べると今でも思っています。私の周りは日本人ばかりでしたが、日本語が上達したのは聴き逃したことをよく聴き、加えて日本人から聴いたことを補足し、それを毎週自分で録音して聴き始めてからでした。羞恥心を抑え、日本語を発声する感覚に慣れなければなりません。 日本語の会話で最初に自信を持てたときのことを教えてください。 まあ実際のところは、米国務省「重要言語奨学金 (CLS

わたしたちが進み続けられるのは、小さな喜びのおかげ。Vol. 4のまとめとして、コミュニティー内の「喜び」をとらえたポートレート写真のセットを皆さんにプレゼントしよう。ファッションから友情や愛情まで——コミュニティーメンバーたちは生き生きと精一杯、人生を送っている。     Model: @cheriipp__ Photographer: @choom.online Written by The COMM, translated by Sachi.

サヤカさんの後ろを、元気いっぱいの喜びが子犬のようについてくる。懐かしいおもちゃや、いくつも重ねたブレスレット。その遊び心のあるルックスに周りの人たちは大喜びだ。サヤカさんは原宿で働き、宇宙人と仲良くなりたいと思っており、そして窓のない部屋を明るく照らすような笑顔を持つ。原宿スタイルのエキスパートである彼女に、ファッション、自宅でするヘアカラー、そして喜びについて語ってもらった。   自己紹介をお願いします。 はじめまして、サヤカです。竹下通りにあるSUGAR HIGH!というお菓子と雑貨のお店で働いています。カラフルでカワイイものが大好き、宇宙人と友達になりたい地球人です。 エイリアンと過ごす時間はどのようなものになると思いますか? 言語が異なると思うので、テレパシーで会話することになると思います。練習しなくちゃ! 会話は世間話とか噂話とか、悩み相談がしたいです。宇宙語が搭載されている翻訳機を知ってる人がいたら是非教えてください。 サヤカさんのユーモアのセンスはYouTubeとTikTokで爆発していますよね。最近、思わず噴き出してしまうような出来事はありましたか? 色んな事で常に大笑いしている気がします。日常の出来事とか、テレビとかYouTubeとか、最近は面白い事がいろんなところに転がっていて、楽しくて困ります。 最近だと、お母さんの言い間違いの仕方が面白くて2人で大笑いしたり、お風呂に入ったらボディーソープで髪を洗おうとしてトリートメントで顔を洗おうとした自分がおかしくて笑ってました。     サヤカさんのスタイルを見ると明るくて楽しい気持ちになります。どうやってそのスタイルにたどり着いたのですか? このスタイルを始めたきっかけは、うつ病だったことと、1回目の緊急事態宣言で完全外出自粛していた時期がかなり関係しています。うつ病から早く解放されたいし、外出自粛でずーっとお家にいる事にも飽きてしまって、今の自分の状況を変えたいとか、やってみたかった事にチャレンジしたいと強く思うようになりました。それで始めたのが、ずーっと憧れていた、かわいくてカラフルな「原宿系ファッションをすること」でした。 実は、このカラフルなスタイルを初めてまだ1年くらいしか経っていないんです! 前は黒い服ばかりを着ていて、全くカラフルとは程遠かったです。髪も刈り上げベリーショートにしていてメンズライクなスタイルを好んでしていました。カラフルでかわいいスタイルにずっと憧れていたけど、自分にはスカートとかワンピースとか、いわるゆ「かわいい」スタイルは似合わないと思って生きていました。今では、黒い服を着てたことが意外と言われるまでになったので、カラフルな人間になって本当よかった〜! と思います。 ファッションのインスピレーションをどなた、そして何から得ていますか? 紅林大空さんです。ファッションスタイルももちろんですが、生き方や考え方も素敵だと思っていて影響を受けています。特にくれちゃんのブログは私の人生の教科書なので、昔の記事から最近の記事まで何度も読み返して多くを学んでいます。 自分のスタイルがうまくキマったと自信があるとき、どのような気分になりますか? とても楽しくて、自信が湧いてきます。あー! やっぱりこれが私のあるべき姿だー! って本気で思いながら、若干スキップ気味で歩いていたりします。周りから見たら絶対変な人なんですけど、変なのが本来の私だと思ってるので、すごくリラックスできています。     ファッション以外では、どのように自分を表現していますか? 絵を描いたり曲を作ったりします。ストレスを溜めやすい体質なので、心の中をアウトプットするためにしています。その時の気分で描いたり作ったりするので、楽しいものネガティブなもの、色々な作品が生まれます! 原宿に一緒に出かける楽しい一日を教えてください。どこに行って、何をしますか? ファッションスナップを撮ってもらうために、ラフォーレ原宿の前に行くことが多いです。写真を撮ってもらう事ももちろん楽しいですが、スナップに来てる人たちとお話をする時間が1番楽しいです。 そのあとは、竹下通りのお店を見て回ります。特にダイソーが好きなのでよく行きます。あとは、新しい洋服を見つけに古着屋さんに行ったりします。Closet Childが最近お気に入りの古着屋さんです。 原宿のファッションコミュニティーの一員として、コミュニティーのどのようなところが好きですか? 相手のスタイルにリスペクトを持って接する人が多いこと、年齢や職業も様々な人たちが原宿ファッションを通じて出会えるところが素敵だなと思います。 ファッションのジャンルが同じでも違っても仲良くしてくれる人がいるし、コミュニケーションを取る中でファッションについて、原宿について、それ以外のことについても沢山学ぶことがあります。人付き合いが苦手だった私にとって、このコミュニティーに入れたことは私の人生で大きな出来事だと思います。     サヤカさんにとって、原宿はどのようなものですか? 私にとって、とても大切な場所です。私の人生が楽しく素敵になったきっかけなので、この先も離れることはないだろうし、離れたくないなって思います。お金持ちになったら原宿に永住したい! おばあちゃんになってもカラフルな服を着て遊びに行きたいです。 最後にひとことお願いします。 原宿好きな宇宙人が知り合いにいる、または宇宙人ですという方はぜひぜひ連絡してくださ〜い。   TikTok |

Vol. 4第5号「Happily Ever After (めでたしめでたし) 」へようこそ。 どんな良いことにも、終わりはあるものです。ハッピーエンドが、ね。この2年にわたって続いた状況により、世界は暗い場所のようになりました。このようなとき、私たちが進み続けられるのは、小さな喜びのおかげです。 今号では、日々の生活の中で喜びを見つけられるコミュニティーメンバーを取り上げます。ファッションに家族、友人や叶えた夢。メンバーたちは生き生きと精一杯、人生を送っています! インタビューを受けてくれたメンバーたちは、それぞれ異なる人生を送り、異なる方法で喜びを見つけています。「Butterfly Princess」のちーちゃんからHarajuku Chameleon Mathilda (原宿・カメレオン・マチルダ)