Vol. 4 JP

選挙といっても、アイドル業界で決めるのは次期大統領ではなく人気ランキング上位のアイドル。2013年だけでも、第5回総選挙でのAKB48 (最大のポップグループとしてギネス世界記録を保持) の得票数は265万票。以来、総得票数は年々増加している。業界に多大な影響を与える総選挙はいかにして人々のブレない関心を集めたのだろう? 「選抜総選挙」とも呼ばれる総選挙はファンによる人気投票で、その結果しだいでメンバーのテレビ出演時の注目度、ミュージック・ビデオに映る時間の長さ、歌の割り当てが決まる。AKB48はランキングシステムと総選挙の先駆けだ。ファンは投票券が1枚入ったCDを購入し、好きなメンバーに投票する。選挙当日のうちに最多票を獲得したメンバーが発表され、順位に従ってグループ分けされる。上位16位までが「選抜」グループに入る一方、他はアンダーガールズ、ネクストガールズ、フューチャーガールズ、アップカミングガールズとして分類される。グループ分け終了後、全員の楽曲とミュージックビデオがリリースされる。   Image courtesy of Amara Japan. 驚いたことに、総選挙は草の根レベルで始まった。選挙というアイデアは、運営側の決断でなく、もともとはファン層からの声から生まれた。ステージで特定のメンバーばかり目立つのを一部のファンが不快に感じており、その不満をきっかけにセンターポジションを選挙で決めることになったのだ。ファンにとって、選挙は重大だ。なぜなら投票は、ランキング上位を望む「推し」(「お気に入りメンバー」をさすファン用語) への愛とサポートのあらわれだから。昔はメンバー内の人気を可視化することはタブーだったが、総選挙になるとその率直さが絶賛され世界中のJ-Popファンを魅了した。 AKB48のランキングシステムと総選挙が意味するものは人によってさまざまだ。「金しだいの選挙」と考える人もいる。このランキングは、ファンがこぞってCDを爆買いして推しメンバーに大量投票した結果だ。必然的に、裕福でまめなファンをもつメンバーが最大の恩恵を受ける。 一方、このシステムのおかげでメンバーには自己開発のチャンスがあるという人もいる。シャニ・ナティオは、JKT48 (インドネシアのAKB48の姉妹グループ) で32位になったときにグループ内の自分の役割を徹底的に見直した。そして、26位になったことがさらなるパフォーマンスの改善につながった。最終的には2019年に1位の栄冠を勝ち取った。各ランクの背後には常に歩みと成長の物語があるのだ。 これほど大きなグループにおいて、誰もが等しく注目されるのはほぼ不可能だ。ナンバー1になることは、チャンスが保証されることを意味する

今年のミスiD2021の大賞受賞者を発表します! こちらのアイドルオーディションでは、美しさだけではなく、自分らしさやアイデンティティーをしっかりと持っている人が選ばれます。今回の優勝者は、その全ての条件を満たしていました。可愛らしいお嬢様ファッションから、清楚なパーソナリティ、趣味の石収集など。彼女の存在感は最初から目立っていました。今日は大賞を受賞しましたが、明日はどうなることやら。     注: このすごくキュートな撮影は、ミスiDの公式コンテストやミスiDのスポンサーによるものではありません。 Model: @rottenraspberry_ Photographer: @choom.online Assistance: @vanwidih Written by Choom, translated by

ああ、1980年代… 当時はとってもシンプルだった。髪の毛はボリューミーで、前髪はふわふわ、そしてアイドル文化は最高潮だった。過ぎし日のアイドルたちは今日のアイコンとなっているので、その時代を追体験したいという人がいても不思議なことではない。身体は21世紀にありながら、20世紀のアイドルファンタジーの世界を楽しむマリエさんを紹介しよう。頭からつま先までくまなくかわいいコーディネートとその魅力的な振舞いに、アイドルファンなら誰でも心をつかまれるに違いない。     Location: @charollvintage Model: @sugar.baby.marie Photographer: @choom.online Assistance: @vanwidih Written by Choom, translated by

新しい年、新しいボリューム! でも『The COMM』で新しいのはこれだけじゃない。レトロな魔法のドル、ドリーが投稿した80年代からインスピレーションを受けたパステルカラーのファッションストーリーをチェックしてください。『The COMM』のInstagramとウェブサイトを忘れずチェックし、あなたの作品を『The COMM』に載せる機会をぜひ増やしてください!     Model: @mahoudolly Photographer: @hiroshiartandmore Written by The COMM,

もし、若い頃のありぃに、いつかあなたはアイドルになると言ったら、おそらく「まさか!」と言うだろう。現在、ありぃは新進気鋭のアイドルグループ、夢☆ペディアの唯一の外国人メンバーで、人々を魅了するカリスマ性とパフォーマンスをステージ上で披露している。しかし、いったいどうやって彼女はこのスポットライトの当たる衣装やダンスの世界に入ったのだろうか? 今日はパフォーマンスの日。ありぃは準備万端。でもまずは仕事。なぜなら、アイドルといえどもアイドル業以外の仕事をする必要があるからだ。アメリカのバージニア州から東京に留学したありぃは、自分が芸能界に携わる日々を送るとは想像もしていなかった。年頃になって、彼女はアイドルになるとはどういうことなのだろうかとよく考えるようになった。ありぃは歌手になりたかったが、そんなことは無理だろうと思っていた。彼女にとって、それは夢のまた夢の話なのだ!     仕事に向かうありぃは、メイド喫茶での仕事を思い出す。そこから彼女のパフォーマンスに対する情熱が高まり始めた。「わたしたちは、毎日ステージパフォーマンスをしていましたが、約1年半後、この活動を続けたい、でも、もっと大きなステージに立ってみたいと思っている自分がいました」。 数々のオーディションを受け、ありぃはついに夢☆ペディアの一員として、デビューへの切符を掴んだ。 「多くの女の子は、ここが完全な外見至上主義の 業界であることを忘れていると思います」 ショーの1時間前に到着したありぃは、直ぐにヘアメイクに取り掛かる。時間を無駄にすることなく、その日のパフォーマンスにぴったりの衣装を選んだり、身支度を整えたりと様々なことを同時にこなす。「多くの女の子は、ここが完全な外見至上主義の業界であることを忘れていると思います」とありぃは説明する。 彼女の外見が明らかに違うため、人々はいつも彼女に親切だとは限らなかった。今日、彼女は業界で数少ない外国人のアイドルの1人だが、時代は変わりつつある。 「日本に来てアイドルになりたいという女の子から、たくさんの質問を受けます」とありぃ。ありぃは彼女たちに、日本語を学び、「アーティスト」と「アイドル」のように歌うことの違いを知ることが大切だとアドバイスする。 ありぃはステージに向かう直前、ようやく髪型を決める。デビューから2ヶ月が経つが、ショーの前は未だに緊張でドキドキする。その日の曲順を記したセットリストを頭の中で復唱しながら、ウォーミングアップの発生練習と軽めのストレッチを行う。     さあ、ショータイム! グループは観客に背を向けてパフォーマンスを開始する。期待が高まる。ありぃにとって観客と向き合い、その中から馴染みのあるファン全員の顔を見るときほど、幸せな瞬間はない。パフォーマンスが彼女にやる気を与えてくれるものだとしたら、ファンと彼女の絆は彼女の高まったテンションを維持してくれるものなのだ。「アイドルのコンサートでは、ファンが『コール』(曲中の要所要所で合いの手のように入れる掛け声) をしてくれるので、興奮せずにはいられません!」 夢☆ペディアは人気のあるアイドル曲をカバーしているが、『TickTock』や『Evolution』などのオリジナル曲もある。(『Tick Tock』が彼女のお気に入り!) 最後の曲を歌い終えた後、グループは舞台裏へと向かう。物販の時間だ。 これは、終演後にファンがアイドルと直接会って話をし、サイン入りのポラロイド写真を購入するために設けられた時間だ。「皆とても親切で優しいです」と、ありぃは思い出し笑いをする。以前、あるファンが来日5周年を記念してシャンパンをプレゼントしてくれたことがある。しかし、ありぃがシャンパングラスを持っていないことに気づいた別のファンが、ペアシャンパングラスを購入し、彼女にプレゼントしてくれたのだ! グループの現在のファン層は狭いかもしれないが、ありぃは将来の大きな夢を持っている。 「夢☆ペディアを人気グループにしたい…」彼女の夢は、甲子園アイドルや東京アイドルフェスティバルなどの主要なイベントに出演すること。しかし、それ以前にありぃにとって最も大切なことは、夢☆ペディアのファンがどれほど忠実であるかを世の中に示すことだ。テクノロジーのおかげで、ファンとのつながりを維持することがはるかに簡単になった。

Vol. 4第1号「IDOL (アイドル) 」へようこそ。 アイドルの人生は、まったくもってのどかで幻想的です。ある時は寝室で座っていて、次の瞬間には何千人もの人の前でパフォーマンスをします。それはおとぎ話のように聞こえますが、ある人にとってはそれが現実になるのです。 完璧なストレートヘア、完璧な状態の肌、完璧にコーディネートされた制服——本当に、アイドルは頭からつま先まで完璧です! アイドルは歌やダンスといったスキルから、ユニークな個性、限りなく楽観的で人を魅了する魅力までを備える、万能なスーパースターです。好きにならないでいられるでしょうか? そして最高なのは、努力さえすれば誰でもアイドルになれるということです。しかし現実は、楽しいことばかりではありません。日本のアイドル業界は参入が難しく、現在の 「アイドル戦国時代」では、アイドルは一人ひとりが自立して目標を目指しています。何千人ものアイドルがいる中で、何か特別なものを持っていないと目立つことはできません。 PART ONE「ハロープロジェクト」では日本のアイドル文化の原点に迫ります。 秋葉原を拠点に活動するAKB48とそのたくさん (「たくさん」がポイント) のメンバーはご存知でしょうか。では、自称オタクのでんぱ組.incは?

喜びの瞬間、「カワイイ!」と叫ぶ瞬間、そこにいるのはわたしたち専用の妖精のゴッドマザー。道を飛び回りながら、指を鳴らすだけで喜びをもたらす。彼女のコミュニティへの贈り物は、完璧なパステルカラーのコーディネートと多すぎるほどのアクセサリーを付ける能力だ。シフォンやオーガンジー、ピンクのガウン、そして頭の上の王冠で、彼女はどんな平凡な瞬間にも喜びと可愛らしさを添える。『カワイイ』コーディネートをまとめる方法がわからない? 願い事をして、彼女にやり方を教えてもらいましょう。     Model: @pinkgaijin Photographer: @misa_kusakabe Photo editing: @misa_kusakabe Shoot Direction: @choom.online Styling: @choom.online Makeup: @kanako_makeup Assistance:

ぱっつんと切った前髪、遊び心のある服、そして数えきれないほどたくさんのプラスチック製アクセサリーで、歌手兼タレントの篠原ともえさんは、10代の頃、エンターテインメントとファッション世界を席巻した。篠原さんのユニークなスタイルは若者に愛され、「シノラー」というファッションブームを巻き起こした。ティーンの誰もが彼女になりたい、彼女のようなスタイルをしたいと思っていた。時は流れ現在、篠原さんは原宿ストリートファッションのレジェンドとなっている。しかし、彼女は音楽やテレビからイラスト、衣装やテキスタイルデザインへとシフトしている。原宿のアイコン的な存在である篠原さんに、まるでジェットコースターのような人生についてお話を伺った。   歌手・アーティストとしての活動を始めたきっかけを教えてください。 10歳の頃バレエを習いステージに立ったことで、エンターテインメントの世界に憧れを持ちました。心を使う表現のクリエイションと、華やかな衣装の創作クリエイションという二つのジャンルに心が惹かれ、夢を叶えていきたいと思いました。 16歳で歌手としてデビューされましたね。芸能界で活動され如何でしたか? 歌手オーディションを受け合格し、その後ボイストレーニングなどのレッスンを受け1995年にデビューが決まりました。ライブツアーでは歌を作り、衣装もデザインしながら、武道館ライブをすることができた事は嬉しかったですね。その後は、メディアへの出演とともに女優としてミュージカルに挑戦したり、舞台や映画など様々な仕事の中でエンターテインメントに携わるキャストとの出逢いが広がり、今の衣装デザインの仕事につながっていきました。     当時、篠原さんのファッションと明るい人柄が多くの人に愛されたのはなぜだと思いますか? ムーブメントはテレビ番組の影響が大きかったですね。インタビューのコーナーではジェームス・ブラウンさんなどにデザインしたグッズをプレゼントしたり、お会いできたことが嬉しくてはしゃいでいると、私の話し方やポーズまでもがブームになり「シノラー」というスタイルが確立しました。男女問わず自由なファッションを楽しみたいという時代の流れと、私自身の「いつだってオリジナルでいたい!」というスタイルが90年代の風潮にぴったりと合ったのだと思います。 お団子のヘア、プラスチック製アクセサリー、スーパーラヴァーズの全身コーディネートなど、オリジナルのファッションを築き上げました。今まで誰も見たことがないようなスタイルにしようと思ったきっかけは何ですか? 自分に似合うファッションを探していく中で、誰とも違ったオリジナルを目指しました。テレビ画面をステージと捉えて、カラフルな衣装やアクセサリーを作り、パフォーマンスしていました。すると自分の手でオリジナルを生み出す高揚感やものづくりを楽しむ気持ちが、小さなお子様から同年代、またその上の方々まで響き渡り、やがて私のファッションがブームとなりました。全国のファンから手作りのアクセサリーがたくさん届いたり、自分の独自のファッションが皆さんに共感していただけたことはこの上なく嬉しかったです。     シノラーファッションのブームが起こり、ファンが篠原さんのスタイルを真似しました。その後、世界的にも人気のあるスタイル「デコラ」が登場しました。自分のファッションが一つではなく、二つの流行を生み出したと感じたことはありますか?また、デコラとシノラーの違いは? 私はマニッシュなスタイルが好きだったので、カラフルな原色を使うのがシノラー、サイバーで蛍光色なスタイルがデコラという印象があります。当時のアクセサリーもカラフルな縄跳びを腕輪にしたり、ビーズを自分の好きな色に並べて作って腕にいっぱい付けていました。デコラもシノラーも「オリジナルを自分で作り出す」ということでは共通していますよね。日本人は元々ものづくりが好きというDNAが宿っているんだと私は信じています。 原宿はあなたのファッションにどのような影響を与えたと思いますか? 2020年にアートディレクターである夫・池澤樹とクリエイティブスタジオを立ち上げました。新しく設立したデザイン会社は、原宿にあるんです。ファッションにおいても、カルチャーにおいてもエネルギーがあふれ大好きな街です。近年の展覧会も原宿の隣の渋谷で開催しました。今はコロナにより世界中が不安な状況ですが、原宿周辺もまたショップなどが変わり新しい環境が生まれはじめています。これからもオリジナルの都市として街全体でファッションの新しいムーブメントを創作してゆきたいです。     これまでのキャリアの中で、あなたはいつも自分の心のビートに合わせて突き進んできました。どのようにそれ程の高い集中力を維持されてきましたか? 手を動かすことが、私のアイデアソースになっています。服が作りたければ布に触れ針を持ちとにかく作ってみる。鉛筆で何か絵を描いてみるなど、心を研ぎ澄まし日々クリエイションに励んでいます。近年は着物から発想した四角いパターンの服づくりに挑戦していますが、そこにはものづくりに欠かすことのできないSDGsとの向き合いがあったり、これからはより社会とつながりながら創作に取り組んでいきたいです。海外でのお仕事も目標としているので、世界中の方に自分のクリエイションを知っていただけるよう、これからも手を止めることなく作り続けようと思います。インスタグラムではイラストレーションから製作衣装まで、私の作品を幅広くアップしているので是非チェックしてみてくださいね。 日本では職人といった一つの分野を極めることが高く評価されているようですが、あなたは常に幅広いジャンルに興味を持っていますね。専門性と多様性についてはどのようにお考えですか? 私はこれまでの仕事で、歌うオファーがきたらボイストレーニングを受け、お芝居のお仕事が来たら演技を習いに行くなどしていました。仕事に合わせ学びを重ねることはエンターテインメントに対するマナーです。最近も、20年ぶりに新宿にある母校の文化学園に通い直しました。デザインにおいては様々なジャンルの世界を知ることはアイデアを広げてゆくことにつながるので、これからも好きなことを追求するために専門分野を学ぶことを続けていきます。 篠原さんのキャリアの中で最も印象に残っている出来事は何ですか? エンターテインメントの世界に入り今年で25年目を迎えましたが、これまでのキャリアを生かし、アーティストの衣装製作や作品ディレクション、企業ブランディングや企画に時間をかけて取り組んでいる今が一番刺激的です。これからは私自身だけではなく、新会社「STUDEO」のアーティストとして、アートディレクターである夫やデザインチームと協働し、さらにクオリティの高いクリエイションを目指していきたいです。     Instagram Introduction and questions by Vania, introduction translated by Anna. Images

温かい笑顔とエレガントで優美なスタイルの彼女は誰でもコミュニティへ歓迎する。コミュニティのメンバーはファッションの悩みを抱えて彼女のところへやってくる。彼女は耳を傾け、尋ねてくるすべての人に知恵を与える。彼女はコミュニティの中心にいる。みんなの悩みを解決しながら、コミュニティが何でも一緒に達成してくれることをわたしたちに思い出させながら、世界を飛び回っている。     Model: @ninth.child Photographer: @misa_kusakabe Photo editing: @misa_kusakabe Shoot Direction: @choom.online Styling: @tabesugita Makeup: @kanako_makeup Assistance: @mia.mccarey Wings: