ファッションの歴史

原宿を特徴づけるストリートファッションを思い浮かべるとしたら、それはデコラと言ってよいだろう。誰でも、はるか遠くからでもこのファッションを見つけることができる! デコラファッションは色彩とアクセサリーの爆発だ。これは原宿の活気に満ちたスピリットを見事に具現化している。このファッションが生まれた経緯は少し複雑で、そこには矛盾に満ちたストーリーがある。記事を最後まで読んで、どのようにデコラファッションが現在のようになったかを学んでいこう。 「デコレーション」という言葉から生まれたデコラは、1990年の終盤に、原宿の街角に現れたカラフルで陽気なファッションだ。どのデコラファッションでも特に目立つのは、100円ショップのヘアクリップや腕いっぱいのリストバンドなどのアクセサリーだ。普通の化粧ではデコラには地味すぎるので、代わりにシールやストーンがファッションの盛り上げ役となっている。通常、身につける服はハンドメイドだが、ファッションをブランドで統一するならそれは間違いなくSUPER LOVERS (スーパーラヴァーズ) 、そしてもちろん6%DOKIDOKI (ロクパーセントドキドキ) だ。   Image courtesy of wattention.com 1995年、増田セバスチャンにより創立された6%DOKIDOKIは、原宿のファッションと文化において定番となっている。きゃりーぱみゅぱみゅに詳しい人なら、ヒットシングルの「PONPONPON」のミュージックビデオの裏側にいるクリエーティブディレクター兼スタイリストの増田セバスチャンを知っているだろう。6%DOKIDOKIは常に最高でとても素敵な洋服を供給してきているように聞こえるが、ショップ開店当時の状況はまったく違っていた。増田は自分と友人のアート作品を販売する目的で店を開いた。しかし、このベンチャービジネスが失敗に終わったとき、方向性を完全に変えた。古着と東京人が後に洋服に取り入れた雑貨類の販売を始めたのだ。おもちゃからリボン、そしてカーテンなど、あらゆるものがアクセサリーになり、ファッションとして生まれ変わったのだ。増田によると、これがデコラの始まりだった。このファッション人気の高まりを見て、増田は若者ファッションのニーズを満たすアクセサリーを創り出し始めた。 Featured

プリクラ、ルーズソックス、ポケベル、パラパラダンス、日焼け肌、デザイナーズブランドの制服、やんちゃな女の子、援助交際、渋谷109。すべてギャルの構成要素だ。90年代初めに「突如、出現」し、その後数十年続いたファッションに女学生は半狂乱、大人たちは茫然となった。ギャルがファッションの歴史にどのような影響をもたらしたかを見てみよう。 ギャルの起源はおそらく1980年代にさかのぼる。当時、東京のストリートを支配していたのは女性暴走族だった。彼女たちのハードコアなファッション、態度、卒業式のような通過儀礼はまさに現在のギャルと重なる部分がある。しかもそれが今の「ギャルマインド」と呼ばれる、反抗心の具現化であればなおのこと。雑誌 『ティーンズロード』 は小さな街に住む女子高生にヤンキーファッションを紹介した。やがて漢字が刺しゅうされたレザージャケットやボイラースーツがトレンドの中心になると、ヤンキーファッションを真似る人が出てきて、実際の女性ヤンキーがそれに憤慨したという。スタッフが「読者からの暴力にうんざりした」という理由で 『ティーンズロード』 は結局、廃刊になってしまった。女性ヤンキーの中には誘拐された人もいた。 同じころ、渋谷で一流大学のクラブのパーティーが開かれていた。主催はチーマーと呼ばれるまとめ役。裕福なチーマーはまじめに勉強せず、いつもダンスばかりしていた。チーマーのガールフレンドはLAのビーチファッションをまねてパラギャル、つまり「パラダイスガール」の異名をとる。当時のパラギャルは知る由もないが、そのセンスは1990年代に受け継がれるファッションのもとになった。 コギャル (「コ」は「小さい」または「子ども」の意) は1990年代に登場した。その名はもともと警備員のスラングで、年長者を装ってクラブに忍び込もうとしたパラギャル女子高生を指したとされる。茶髪、短めの制服スカート、ブランド制服のブレザー、オーバーサイズのカーディガンに、少しだけ日焼けした裕福な女子高生は当時、流行の火付け役だった。白のルーズソックスと白いアイメイクをプラスすればパーフェクト! でも、なぜ放課後に制服? 実は、有名校によるファッショナブルなデザイナーズブランド制服を用いた学校PRは、新入生をゲットするためによく使われる戦略なのだ。生徒たちは放課後もブレザーとスカートを着ることによって、センスが良く有名校の生徒であるという証拠と自分たちの若さを世間にアピールした。   Image courtesy

ストリートウェア・ムーブメントは、ファッションの無視できない力だ。ここ20年以上で、ストリートウェアブランドは地球規模で勢いを増しており、ダッドスニーカーやぶかぶかのフーディーはランウェイの定番だ。故Virgil Abloh (ヴァージル・アブロー) やNIGO (ニゴー) のようなストリートファッションのパイオニアは今やラグジュアリーブランドを率いるリーダーであり、ストリートウェアとラグジュアリーファッション間のギャップを埋める役割も果たした。 UNDERCOVER (アンダーカバー)、BAPE (ベイプ)、NEIGHBORHOOD (ネイバーフッド)、WTAPS (ダブルタップス)

ロリータファッションと言えば、お茶会、「カワイイ」ネイルアート、ANGELIC PRETTY (アンジェリックプリティ) で人気のHoney Cakeワンピースを思い浮かべる。だが、現在のロリータのイメージを形作ったものは何だろう? BABY (ベイビー) のアイコンとも言える赤いエリザベスワンピースからMana (マナ) 様の奇抜なブルーのリップスティックまで、ロリータファッションの歴史はその多数のサブスタイル同様、バラエティに富んでいる。わたしたちはフリルやレースの向こう側に、誰もが知る原宿ファッションの一つであるロリータの起源について真実を探ってみたい。 ロリータファッションの大きなヒントになったのは、ヴィクトリア時代の英国やフランスのロココファッション。そもそもロリータファッションの始まりを知るには1970年代にまでさかのぼる必要がある。「カワイイ」カルチャーが日本中で人気を集め、美化されたフランスのイメージが若者の間で流行していた。当時多くの少女たちは、自分の好きなものや女子力に夢中になることで何とか家父長制をやりすごしていた。トレンドにまつわる商品を買えば、個人としての自由を何らかの形で味わうことができたのだ。MILK

ストリートファッション、クレープ、プリクラに共通するものは何だろうか? 答えは、全て原宿にあるということ! 原宿はいくつかの最も代表的なストリートスタイルの発祥地であり、何世代にもわたり、若いクリエーターたちにとっての東京のお気に入りのたまり場なのだ。過去数十年間でさまざまな原宿スタイルが世界中に広がったが、原宿で現在愛されているファッションは、海外からの影響を受けたことでその道が開けたのだ。竹の子族からデコラまで、東京で最もカワイイ場所の変遷を見てみよう! 原宿の歴史は1940年代までさかのぼる。当時、ここは日本で最初の洗練された国際色豊かな地域だったであろう。第2次世界大戦後、空き地となっていた旧日本軍の練兵場跡地にワシントンハイツと呼ばれる団地が建設された。この団地は外国人、特にアメリカ人家族を地域に招き入れたことで有名だった。原宿付近の若者たちは、その新しい外国人たちと徐々に接触を持つようになる。若者たちは外国人たちのスタイルを羨望の目で見ていたが、同時に今まで見たことのなかった西洋からの刺激により自分たちのファッションを創り出したくなっていった。 1950年代、原宿の次の大規模建築物は、表参道セントラルアパートだ。当初は米軍のために建てられたのだが、多くの空き部屋があったので日本人クリエーターたちが住み着いていた。ファッションデザイナー、モデル、そして写真家が1階にあった有名な喫茶店レオンで出会ったものだった。1964年の夏季オリンピック頃に、ワシントンハイツのアメリカ人が別の基地に引っ越したので、その場所を原宿で最初のブティック、そして深夜営業の商店とカフェに譲ることになった。同時に、ファッショナブルな原宿の若者たちが、原宿族と呼ばれるようになった。   Image courtesy of kyokohiraku via Ameblo. 60年代と70年代、現在裏原として知られている原宿裏通りのアパートの家賃はとても手ごろだったので、若いクリエーターたちが自分たちのデザインした商品やコピー商品を小さな店に売ってもらうために、狭いアトリエで商売を始めた。他のデザイナーは顧客に限定もののコレクションを直接販売するため、竹下通りに小さなショップを借りていた。 1964年、日本で最初のブティックであるMADEMOISELLE NONNON (マドモアゼルノンノン)